言語リハビリテーション|あおぞらファミリークリニック|高崎市緑町の内科・心療内科

〒370-0073 群馬県高崎市緑町1-23-6-101
027-387-0253
WEB予約 WEB問診
ヘッダー画像

言語リハビリテーション

言語リハビリテーション|あおぞらファミリークリニック|高崎市緑町の内科・心療内科

成人の言語リハビリテーション

ディサースリア(dysarthria)、運動障害性構音障害

脳血管障害や頭部外傷、神経・筋の疾患などで、話しをするときに使う唇、舌、喉などに運動障害が起こり、正常な発音を作ることが難しくなる障害です。私たちは話すときに会話に必要な呼吸、呼吸のコントロール、声の大きさや高低の調節、口唇・舌・下顎を正確に使いこなすなど、多種類の器官が共同作業をして発音しています。

ディサースリア(dysarthria)、運動障害性構音障害

呼吸が障害されると

慢性閉塞性肺疾患などの肺の病気や肺周囲の骨格筋の動きの制限などが起こると、肺に空気がしっかり入りにくくなるため、声が小さくなってしまいます。また会話中に息が途切れ途切れになってしまい、疲労がみられる方もいらっしゃいます。
少し姿勢が悪くなるだけでも、肺に空気が入らなくなります。できるだけ姿勢を整えてお話しするようにしましょう。食事の時も同様です。

呼吸が障害されると

呼吸や話す機能が障害される病気

パーキンソン病

パーキンソン病の方は、ご自身ではわかりにくいのですが、声が小さくなる方が多くいらっしゃいます。パーキンソン病と診断されてからなるべく早めに(ヤール分類1~2)言語リハを開始されることをおすすめします。当院ではパーキンソン病に特化した言語訓練である「LSVT(Lee Silverman Voice Treatment)」を受けることが可能です。ハードなトレーニングになりますが、興味のある方はご相談ください。
また、パーキンソン病の方は嚥下障害も併発します。日常生活に声と喉を鍛えるリハビリテーションを取り入れられるよう、工夫をしていきましょう。

脳血管障害の後遺症、脊髄小脳変性症など

ろれつが回らない、話しをすると何度も聞き返される、などの訴えがよく聞かれます。脳血管障害などで舌や口唇の動きが低下しているのにもかかわらず、病前と同じスピードで、お話しをしてしまうケースを多くみかけます。会話しているときは、内容に気を取られやすく、話しをするスピードや話し方まで気を配りにくいものです。様々な工夫をして、より良いコミュニケーションの方法を考えていきましょう。

声帯自体の障害(音声障害)

声帯とは、声を出す音源装置のことをいいます。私たちは、肺から上がってくる空気を調節しながら、声帯が振動、のどや様々な器官を共鳴させ、舌や唇、顎を使って言葉を産生しています。声帯の振動自体が障害されると、声そのものを作り出すことが難しくなることがあります。
加齢にともなって声帯が委縮したり、病気により声帯自体の動きが悪くなると、話し声がいつも、ささやくような声やガラガラ声になってしまいます。手術の適応となる疾患もありますが、リハビリテーションで対応できるケースもありますので一度ご相談ください。

言語リハビリテーションでは、話すときに必要な呼吸機能や、唇や舌といった発語器官の運動の評価を行い、その結果に基づいたリハビリテーションを行いながら機能改善を目指していきます。また、ゆっくりと話してもらう、言いづらい言葉を言い換えてもらうなどといった聞き手に伝わりやすい話し方の練習なども提案していきます。

小児の言語ハビリテーション

子どもの発達障がい

発達障がいは脳の機能的な障害が原因で起こるものです。コミュニケーションや対人関係を作るのが苦手なことが多く、行動や態度は自分勝手、変わった人、困った人と誤解され敬遠されることも少なくありません。その原因が親のしつけや教育の問題ではなく、脳機能の障害の可能性もありますので、発達障がいに早く気づき適切な療育を受けることが重要です。

当院では、小児科専門医、子どものこころ相談医等の資格を持つ医師とともに言語聴覚士による発達支援を行います。お子様の特性に対し、コミュニケーションの発達や一人ひとりの症状に合わせたアプローチを行います。お気軽にご相談ください。

子どもの発達障害に気づくためのポイント

下に子どもの発達障がいに気づくためのポイントをご紹介します。

人との関わり方 一人遊びが多い、一方的でやり取りがしにくい。おとなしすぎる、常に受動的。大人や年上の子、または年下の子とは遊べるが同級生とは遊べない。
コミュニケーション 話は上手で難しいことを知っているが一方的に話すことが多い。オウム返しをする。おしゃべりだが保育士や指導員の指示が伝わりにくい。話を聞かなければならない場面で席を離れてしまうことが多い、聞いていない。
イマジネーション
想像性
相手にとっては失礼なことや相手が傷つくことを言ってしまう。友達がふざけてやっていることを取り違えて、いじめられたと思ってしまう。集団で何かしているときにボーっとしたりふらふら歩いていたりする。急な予定変更に不安や混乱した様子がみられる。決まりきったパターンへの固執がある。
注意・集中 一つのことに没頭すると話しかけても聞いていない。落ち着きがない、集中力がない、いつもぼんやりとしている。おもちゃや文具など失くしものや忘れ物が多い。静かにしてください、と言われたことは理解できるがおしゃべりを続けてしまう。
感覚 ざわざわした音に敏感で耳をふさぐ、雷や赤ちゃんの泣き声など特定の音を嫌がり耳をふさぐ。手を繋ぎたがらない。同じ服、同じ食べものを要求する。揺れている所を極端に怖がる。すき間など狭い空間を好む。転んでけがをしても痛がらない。
運動 身体がくにゃくにゃとしていることが多い。床に寝転がることが多い。極端に不器用、絵やひらがなを書くときに筆圧が弱い、食べこぼしが多い。運動の調整が苦手で乱暴に思われてしまう、大きすぎる声を出すことが多い。
学習 話が流暢で頭の回転が速いことに比べて作業が極端に遅い。難しい漢字を読むことができる一方で、簡単なひらがなが書けない。図鑑や本を好んで読むが、作文を書くことは苦手。
情緒・感情 極端な怖がり。ささいなことでも注意されるとかっとなりやすい、思い通りにならないとパニックになる。一度感情が高まるとなかなか興奮がおさまらない。

自閉症スペクトラム障がい
自閉症

言葉の発達の遅れ、コミュニケーションや対人関係・社会性の障害、パターン化した行動などの特徴をもつ障害です。「僕はいくつ?」と聞かれると「ぼくはいくつ?」といったオウム返しをする、人との関わりに関心がなく視線が合わなかったり近づくと避けたりする、人との関わりがあっても興味や感情を共有することが少ないなどの社会性の欠如、毎日同じ道順をたどる、同じ服を着るなどパターン化したこだわりがみられます。

自閉症の偏食や洋服のこだわり例

自閉症の偏食や洋服のこだわり例

同じ食べ物、同じ服を毎日要求する。冬なのに薄着をすることもあります。

一人遊びが好き
一人遊びが好き
集団で遊ぶことや、からだを動かす運動は苦手
集団で遊ぶことや、
からだを動かす運動は苦手
抱っこは苦手で、手もつなぎたがらないことが多い
抱っこは苦手で、手もつなぎたがらないことが多い
苦手な音がある
苦手な音がある

アスペルガー症候群

基本的に言葉の発達の遅れはなくコミュニケーションの障害、対人関係・社会性の障害、パターン化した行動、興味、関心のかたよりがあります。遠まわしな表現や比喩を使った表現、表情やしぐさから相手の感情を読み取ることに困難さがあるため、自分の話ばかりしてしまったり、相手が傷つく言葉を悪気なく伝えてしまったりすることがあります。また一度決まったルーティンが崩れたり、新しい環境への変化に対する抵抗感が強いこともあります。アスペルガー症候群は知的発達や言語発達の遅れがないため、障害があることが分かりにくいのですが、成長とともに不器用さがはっきりしてくることが特徴です。

一人でしゃべる
一人でしゃべる
集団で話すことが苦手
集団で話すことが苦手
新しい環境に馴染みにくい
新しい環境に馴染みにくい
ずーっと同じことをしても飽きない・毎日同じものを見ても飽きない
ずーっと同じことをしても飽きない
毎日同じものを見ても飽きない
靴の紐を結ぶのが苦手
靴の紐を結ぶのが苦手
ネクタイを締めるのが難しい
ネクタイを締めるのが難しい

注意欠陥多動性障害(AD/HD)

注意欠陥多動性障害は、課題や遊びを続けられない、気が散りやすい、面と向かって話しかけられているのに聞いていないように見えるなど集中できない「不注意」の症状、また手足をそわそわ動かしたり着席してももじもじしたりする、じっとしていられない、過度にしゃべる「多動・多弁」の症状、質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう、順番を待つことが難しい、考えるよりも先に動いてしまう「衝動的な行動」を特徴とする発達障害です。

食べこぼしが多い
食べこぼしが多い
じっとしていられない
じっとしていられない
過度に話す
過度に話す
整理整頓ができない
整理整頓ができない
おもちゃを壊してしまう
おもちゃを壊してしまう
他の子を叩くなど乱暴
他の子を叩くなど乱暴

学習障害(LD)

全般的な知的発達の遅れはないのに聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの、特定の能力を学んだり行ったりすることに著しい困難が生じる障害です。国語等の基礎能力に著しいアンバランスがあることが特徴で、ひらがなの音読が遅く読み間違える、文章を読むのがたどたどしく文章のあらすじを理解したりまとめたりすることが難しい、板書などの文字の書き写しが極端に遅い、文章題を解くのが難しい、などの症状がみられます。学習障害の子どもたちは周囲から「努力をしない」「怠けている」「勉強ができない」と誤解されることが多く傷つき自信の低下につながりやすいので注意が必要です。

読み書きが苦手
読み書きが苦手
板書が極端に遅い
板書が極端に遅い

子どもの構音障害

機能性構音障害

口腔機能の形態的異常や神経・筋などの異常が認められないのにも関わらず、ことばに誤りが認められるものです。ことばの発達には個人差がとても大きいものですが、4~5歳になると日本語にある音のほとんどが言えるようになります。
小学校入学間近なのに赤ちゃんことばが直らないなど、話しことばに心配があるお子様がいらっしゃったら、お気軽にご相談ください。

(例) サ行がうまく言えない・サ行がタ行に置き換わる(サカナ→タカナ)
子音がはっきり聞こえない(テレビ→テエビ)など

器質性構音障害

話すための器官が先天性や後天性の形態的異常により正常な音を作ることができない障害です。先天性の代表的なものは口蓋裂があります。後天性は話すための器官が、外傷や腫瘍などの治療後に構音器官の一部が欠損することで生じる構音障害をさします。唇顎口蓋裂の場合、歯列不正や咬合不全が認められることも多いですが構音障害の直接の原因となっているものは少ないので、精査をしながら構音訓練を進めていくケースが多いです。